お客様の声

様々なサポートがあり、あの葬儀ができたから私は今生きているのだと思います

様々なサポートがあり、あの葬儀ができたから私は今生きているのだと思います

福岡市早良区 U.Yさん
1日葬プラン

最愛の夫を平成最後の年に亡くしました。
私たちに子供はおらず主人だけが心の支えでした。
体調を崩しただの風邪だと思い病院を受診、その後も体調は回復せず別の病院へ。
何件か周るつど悪い診断結果に、最終的に解った時はがん末期でした。
あまりの進行の早さに何もしてあげることができませんでした。
日に日に弱っていく主人を見て葬儀の準備も頭によぎりましたが、葬儀の準備をすれば亡くなることを認めてしまうんじゃないかと、その一方でもしもの時はちゃんと送ってあげないといけない、などと日々葛藤していました。
ですが、知人の紹介もあり葬儀の準備を始めたのですが、あの頃は何か悪い夢でも見ているようでどこか人ごとのように感じていた気がします。

テレビなどではたまにあるシーンですが、いざ自分の身におきると頭が真っ白になり、不安だらけでした。
何もわからず1からではなくゼロから全てサポートしてもらい葬儀をとり行うことができました。

主人を亡くした後、いろんな本を読み、葬儀は亡くなった人のためだけではなく残された人の為にもあるのだと書いてあり、その時はピンとは来なかったのですが、月日が流れて行く中で理解できるようになりました。

今ではちゃんと送ってあげることができてよかったと思っています。

多くの人たちに見送られ、暗闇に落ち何もわからない私を優しく手を引いてくれた人達。

様々なサポートがあり、あの葬儀ができたから私は今生きているのだと思います。